原料費調整制度に基づく料金調整 原料費調整制度に基づく料金調整

1 .原料価格(財務省・貿易統計値)

2022年 9月から2022年 11月まで3ヶ月の原料価格は、次のとおりです。
LNG平均原料価格は152,010円/トンです。

2. 原料変動額

算定対象期間平均原料価格-基準平均原料価格=152,010円-83,920円=68,000円
(100円未満の端数を切捨て)

3. 調整額の算定

調整額=0.082円/m3 × (原料価格変動額/100円)
=0.082円/m3 × (68,000円/100円)

=55.76円/m3(マイナスの場合小数点第3位以下切上げ)

 したがって、基準従量料金(税抜)より1㎥あたり55.76円の調整額となります。 → 61.33円(税込)

61.33円 - 30円 = 31.33円の最終調整額となります。

4. 適用従量料金単価

2023年2月適用の従量料金単価は、上記の3ヶ月平均原料価格より算定した従量料金調整額を適用いたします。
2023年2月検針分のガス料金は、以下をクリックして下さい。

* 供給約款料金
*選択約款料金

家庭用温水暖房契約(温水暖房プラン)
家庭用温水暖房・調理契約(温水暖房まるごとプラン)

高効率ガス給湯器契約(エコジョーズエコ得プラン)

高効率ガス給湯器・温水暖房契約(エコジョーズ温水暖房プラン)

高効率ガス給湯器・温水暖房・調理契約(エコジョーズまるごと得々プラン)

家庭用コージェネレーション契約(エコウィル発電プラン)

小型空調契約

業務用厨房パッケージ契約