新着情報 新着情報

«戻る

原料費調整制度に基づく平成30年12月のガス料金について

 

 

原料費調整制度に基づく平成3012月のガス料金について

 

原料費調整制度は、原料の価格変動に応じて毎月従量料金を見直す制度です。 今回は算定対象期間、平成307月~平成309月の平均原料価格が58,850円となり、基準平均原料価格が83,920円とを比較して従量料金単価の見直しを行ったものです。

 

その結果、平成3012月検針分従量料金単価は、基準従量料金単価により 13当たり-20.50 (税抜)の調整となります。

 

前回平成3011月検針分の調整額が 13当たり -21.90 (税抜)したので

 

今回調整額 - 前回調整額 = (-20.50円) - -21.90円) 1.40

 

したがって、平成3012月検針分の従量料金単価は、平成3011月検針分従量料金単価より1.40円の値上げになります。

 

これにより、1ヶ月に253 (平成20年度~平成22年度の3年間の平均使用量) のガスをお使いになる標準家庭で4,393 (税抜)となり、平成3012月検針分より35円の値上げとなります。

 

平成3012月検針分に適用するガス料金につきましては、当社の本社・営業所等の店頭での掲示や当社ホームページ及び平成3011月の検針時に「ガスご使用量のお知らせ」(検針票)であらかじめお客様にお知らせいたします。

 

料金表(供給約款料金)
平成3012月検針分の供給約款料金

 

 

 

料金表

月間ご使用量

基本料金(円/月)

従量料金単価(円/m3

11月との従量料金

単価調整額(税抜)

税 込

税 抜

税 込

税 抜

A

03 から 213まで

591.84

548.00

167.37

154.98

+1.40

B

213をこえ2503まで

758.16

702.00

159.46

147.65

+1.40

C

2503をこえるもの

2,702.16

2,502.00

151.68

140.45

      +1.40